介護転職に役立つ基本知識

介護転職に役立つ基本知識

介護職の転職で仕事内容を重視するならこのポイントをチェック!

介護職の転職で仕事内容を重視するならこのポイントをチェック! 2010年以降、若い世代で注目を集めているのが介護職という仕事です。
転職先にも選ばれる方が多く、新しいスキル・資格を手に入れるのにも打って付けだと言われています。
これから介護職に転職を考えている方も大勢いるでしょうが、ここで簡単に仕事内容を重視する際のチェックポイントをご紹介します。
まず求人で着目をしたい点は、必要な資格の項目です。
もっとも多いのがヘルパー2級であり、さらに普通自動車免許を所持している方は優遇される傾向にあります。
理由であげられるのは、利用なさっている高齢者の送迎が出来るからです。
現在では通所式が高い需要を記録しており、この2つは転職活動をする前に手に入れておきたいところになります。
仕事内容で事業所で勤めたいという場合は、ケースワーカーという国家資格を持っていると介護職を得やすいです。
介護計画書を作成しつつ、自治体の福祉課との連絡を担う業務で、おもにデスクワークとなります。

介護職のスキルアップには資格取得が効果的

介護職のスキルアップには資格取得が効果的 介護職のスキルアップには資格取得が近道です。
なかでも基本となる資格は4つあり、その1つが介護職員初任者研修です。
介護の基礎知識と基本技術を学ぶことのできる資格で介護の入門ともいえる資格です。
ホームヘルパーなどを目指している場合はまず取得しておきたい資格です。
次は介護福祉士実務者研修です。
先に挙げた資格の上位資格でより質の高い技術や知識を取得できる資格です。
確実にスキルアップに役立つ資格といえます。
介護に関する唯一の国家資格である介護福祉士も介護の仕事に欠かせない資格です。
介護に関する技術や知識だけでなく、医療や保険など幅広い知識や技能を学ぶことができます。
この資格を取得すれば職場でのリーダーとしてステップアップし、一緒に働く人達の指導を担うことが期待できます。
最後は介護全般をコーディネートする介護支援専門員、通称ケアマネジャーです。
介護や支援を必要とする人が適切なサービスを受けられるよう計画を立て調整します。
サービスを提供する事業所と利用する家族の橋渡し役であり調整役でもあります。